ほうれい線は見た目年齢を一気に老けさせる

口のまわりに出来るほうれい線は見た目年齢を一気に老けさせてしまう恐ろしい存在です。
ほうれい線が出来る原因として最も多いのは加齢現象です。加齢によって肌の潤いが失われたり、顔の筋肉が衰えてしまったなどの原因で肌がたるんでしまい、深い溝を刻んでしまうのです。

また、睡眠不足やダイエットによる急激な体重減少などのストレスもほうれい線の原因になるため要注意です。
有効な対策は何かというと、衰えた顔の筋肉を鍛える方法がおすすめです。


普段はあまり使わないような筋肉を刺激するため、鏡を見ながら顔の筋肉を大きく動かして変顔エクササイズをすると良いでしょう。


普段は使う機会が少ない口周りや頬の筋肉を鍛えることが出来るため、たるみ対策にぴったりです。
また、顔の筋肉が増えると血行が促進されて乾燥肌の改善やむくみ改善にもつながります。
ほうれい線が気になるときはホットタオルなどで温めながら変顔エクササイズを行えばより一掃効果を発揮しやすいでしょう。


そして普段の何気ないしぐさを改善することでほうれい線を予防したり改善する効果が見込めます。
頬杖をついたり、横向きで寝るなど、顔の筋肉に負担をかけるしぐさを何気なく繰り返しているのは要注意です。

意識して行動に気をつけていればそのうち自然に生活習慣を改めることが出来るでしょう。

見た目年齢を左右する重要なポイントであるため、鏡を見るたびに自分の顔をチェックして、原因に応じた対策を講じると良いでしょう。


肌のお手入れを毎日頑張ってしていても、ふと若い頃よりどことなく雰囲気が変わってきたなと自分の顔を見て思う事もあるのではないでしょうか。そう感じる瞬間には、ほうれい線が見えてしまうことが原因である事も多いです。


このほうれい線とは一体何なのでしょうか。

顔に刻まれている線のようなものなのですが、しわとはまた別のものとなります。

鼻の両脇から唇の端までのびている線を指します。


これも薄い人もいれば殆ど見えない人もいますし、かなり深く刻まれている人もいるので、一度よく見てみるといいでしょう。


若い頃にはなかったものですから、突然できてしまったように見えてかなり驚くことでしょう。
けれどもこのほうれい線の原因としては、今の所加齢や肌の乾燥などが挙げられます。

その他にも喫煙をする人やストレスを溜めがちな人、紫外線なども影響を与えていきますから、注意をしたいものです。生活習慣が不規則になりがちな人や、ビタミンやミネラルなどの不足、肌のハリなどの低下も考えられるのでコラーゲン等の不足も原因と考えられています。
解消方法は、その逆と考えてみましょう。

なるべく規則正しい生活をして、きちんとスキンケアなども行い、食事も栄養バランスの過不足がないように考えて食べていきましょう。煙草はやめるとは言わないまでも本数を減らしていくようにしましょう。

出来てしまうとなかなか解消しにくいので、日々の生活をきちんとしてケアをしていきましょう。

















関連リンク

エクササイズでほうれい線予防

高い美容液やエステでのケア、美容整形などお金をかければ、若々しい肌をキープする事が可能です。ですが、美容の為にお金をつぎ込む事は出来ないという方も、多いのではないでしょうか。...

more

ほうれい線の原因とは

ほうれい線は鼻の両脇から口元の両脇にかけて刻まれる線のことです。この線があると、どうしても年齢以上の見た目印象を与えてしまうため、特に女性にとっては決してありがたいとは言えない存在です。...

more