ほうれい線を治すための顔の体操について

ほうれい線の過度の出現によって悩んでいる人間はそう少なくないというのが統計的な見解ですが、実際には顔の体操をすることによって顔の垂水を極力最小限にする取組が行われていることによって、その絶対数を減らすことが可能になっているのです。
体操と言っても全く難しいものではないので、数分の時間を要すれば自ずと習慣化させることができます。一番有名なのはあいう体操ですが、これは文字通り各々10秒間ずつ文字のひらがなを言う形で唇を動かしたままにするというものです。

各大学でも提唱されており、より多くの人間が伝播につとめているので、これだけ実践されれば有名にもなります。

また舌の運動も顔の垂水改善に大変役立ちます。
これは具体的には下の運動そのものが顔の各パーツと密接に連動しているため、必然的に普段全く使っていない部分の筋肉の運動に繋がっていくのです。


このパターンを利用して顔の運動を試みるのもとても役に立ちます。

ほうれい線の際立ちはもちろん普段手入れをしている顔の美容と言ってもここまで繊細である顔の部位というのは管理がなかなか難しいといったところが現状です。


しかし少しでもいいのでどれだけ軽くても運動を心がけることが確実に改善へのステップになります。

ほうれい線はあくまで個性としての認識が強いので無理して直す必要はないのですが、どうしても消したいのであれば自分なりに舌を動かし続けてみて刺激を与えるのが最も効果的です。

同じような顔のつくりなのに、なんだか老けて見える人がいるとしたら、おそらくその人はほうれい線が目だっている可能性があります。


その人の顔を見た時に受ける印象で、とてもふけた印象を与えてしまうもの、それが鼻のワキから口の横にかけて伸びる斜めの線のほうれい線です。
このしわが出来てしまう最大の原因は顔の筋肉が衰えることによって頬の肉を抑える力が低下して起こる頬の肉のたるみです。

しわが出来てしまうと、どうしてもその部分だけを集中的にケアしてしまいがちですが実は大元になっている原因を取り除いてやらない限り、ほうれい線が消えてくれることはありません。そのために最も効果的なのがフェイスエクササイズによって顔の筋肉を鍛えることで、頬の肉をしっかりと支えられるようにすることです。


そしてそのほかにストレスもこのしわが出来てしまうことに大きな影響を与えます。

ストレスは同じような状況下にあっても感じやすい人と感じにくい人とがいます。そしてストレスを感じやすい人のほうが、顔がふけてしまいやすいとも言われています。

確かに明るく口角をきゅっと上げているにこやかな表情をしている人のほうが、鬱々としてくらい表情の人よりも頬の位置が常に高くなっていることからもその理由はわかります。さらにストレスを感じると体内の活性酸素の量が増えてしまい、体全体の老化に繋がるため、結果的には肌の老化にも繋がってしまいます。つまりストレスによって活性酸素が増えると、ほうれい線に限らず、たるみやシワなどを作る原因に繋がるため、顔がふけた感じになりやすいということです。

ほうれい線を目立たなくするためにも、毎日の生活の中で受けるストレスを溜め込まないように心がけることは大切です。

















関連リンク

エクササイズでほうれい線予防

高い美容液やエステでのケア、美容整形などお金をかければ、若々しい肌をキープする事が可能です。ですが、美容の為にお金をつぎ込む事は出来ないという方も、多いのではないでしょうか。...

more

ほうれい線の原因とは

ほうれい線は鼻の両脇から口元の両脇にかけて刻まれる線のことです。この線があると、どうしても年齢以上の見た目印象を与えてしまうため、特に女性にとっては決してありがたいとは言えない存在です。...

more