エクササイズでほうれい線予防

高い美容液やエステでのケア、美容整形などお金をかければ、若々しい肌をキープする事が可能です。


ですが、美容の為にお金をつぎ込む事は出来ないという方も、多いのではないでしょうか。


お金をかけないからといって、キレイになれない訳ではありません。

ちょっとした工夫を行えば、若々しさを保つ事もできるのです。顔の印象を大きく変えると言われているのが、「ほうれい線」です。

ほうれい線は深く大きなシワになりがちなので、見た目年齢を引き上げてしまう原因になってしまいます。

お金をかけずケアしたい場合、「エクササイズ」が有効です。
ここでは簡単に行える、ほうれい線撃退エクササイズを紹介したいと思います。まず、ほっぺたに空気を入れて膨らませましょう。シワは皮膚が折りたたまれている状態なので、まずは伸ばす必要があります。
ほっぺたをパンパンになるまで空気を入れる事で、ほうれい線を伸ばす事ができます。この状態を1分間キープする動作を、3回繰り返します。
そして、シワを伸ばすような感覚で、口の中から下でほうれい線部分を押し上げましょう。

このようなエクササイズを行う事で、シワを伸ばすだけでなく、表情筋を鍛える事にも繋がるのでお勧めです。


また、エクササイズをすると顔全体が、ポカポカと温まるのを感じるでしょう。

これは、筋肉を動かした事で血流が改善された証拠です。
血流の流れが良くなれば、肌細胞の働きも活発になり、肌にハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチンといった、物質の生成量がアップし、深いシワの撃退に繋がるでしょう。

ほうれい線の原因は単なる老化だけでなく、生活習慣の積み重ねも大きく関わっています。

ほうれい線が出来やすい人とそうでない人がいるのは事実ですが、不規則な食生活や偏った栄養バランス、無理なダイエット等を続けているとたるみ、ほうれい線の原因となってしまいます。
これらを予防、改善するにはまず普段の食生活を見直しましょう。
ダイエット目的で食事を抜いたりせず、一日三回、規則正しく食べる事が予防の第一歩になります。
では、ほうれい線予防効果のある食品とはどんなものなのでしょうか。


まずは、コラーゲンです。
コラーゲンには保湿作用があり、コラーゲンが不足すると肌は乾燥し、しわ、たるみの原因になります。肌の弾力、ハリを維持する為にコラーゲンを含む食品をしっかり摂りましょう。【コラーゲンを多く含む食材】牛すじ肉、手羽先、すっぽん、ふかひれ、うなぎ、鮭、ゼリー等。スープや煮こごり等も一緒に食べるとより効率的です。
次に、ビタミンCです。

ビタミンCには、コラーゲンを生成する働きがあり、コラーゲンと一緒に摂るのが効果的です。

また、ビタミンCは紫外線対策にも効き、ほうれい線対策にも繋がります。
(紫外線は肌を乾燥させ、細胞を破壊する事でシワを作る原因となる為)。そして、抗酸化作用により、肌の老化を防いでくれます。
【ビタミンCを多く含む食材】レモン、いちご、アセロラ、マンゴー、さつまいも、ブロッコリー等。
そして、新陳代謝を促し、肌の乾燥を防いでくれるのがタンパク質です。

コラーゲンもタンパク質の一種であり、コラーゲン同様、肌の弾力、ハリを保つ効果のある良質のタンパク質を沢山摂りましょう。

【タンパク質を多く含む食材】鶏のささみ、カツオ、マグロ、卵、ヨーグルト、チーズ等。


これらは、ダイエットをしている方が避けてしまいがちになる食べ物ばかりですが、若々しい肌を維持する為にも積極的に摂りましょう。

















関連リンク

エクササイズでほうれい線予防

高い美容液やエステでのケア、美容整形などお金をかければ、若々しい肌をキープする事が可能です。ですが、美容の為にお金をつぎ込む事は出来ないという方も、多いのではないでしょうか。...

more

ほうれい線の原因とは

ほうれい線は鼻の両脇から口元の両脇にかけて刻まれる線のことです。この線があると、どうしても年齢以上の見た目印象を与えてしまうため、特に女性にとっては決してありがたいとは言えない存在です。...

more