ほうれい線の原因とは

ほうれい線は鼻の両脇から口元の両脇にかけて刻まれる線のことです。
この線があると、どうしても年齢以上の見た目印象を与えてしまうため、特に女性にとっては決してありがたいとは言えない存在です。
ほうれい線ができてしまう原因、その最たるものは表情筋の衰えだと言われています。
表情を作った際に動く筋肉が衰えてしまうことによって、頬や口周りが弛みがちになってしまう、そのことでこの線が刻まれてしまうと言う具合です。



ですから予防法としては、表情筋を鍛えるためのマッサージを行うことが有効です。



たとえば口の中で舌をぐるぐる回すとか、瞼を閉じて唇をすぼめるように顔を顰めてから、一気に瞼と唇を開くと言うエクササイズなどが挙げられます。

しかし他にもほうれい線ができてしまう原因は存在しており、それが日常の些細な行動である場合も少なくありません。



たとえば食事の際、片方側だけで噛む癖があると言う方は要注意です。物を噛むと言う行為は、表情筋を動かす行為です。

そのため噛む回数が少ない側は、表情筋の衰えるスピードが速くなり、ほうれい線が出やすい、よく噛んでいる側に比べると長く、はっきりとした線が刻まれやすいことが多くなります。



また左右どちらかで頬杖をつく癖も、原因のひとつとして考えられます。

頬杖をついている側の頬は、表情筋ではなく手によって支えられていることになります。そのため表情筋が衰えやすくなりますし、頬杖をといた瞬間、頬は下に下がるわけですから当然、弛みやすくもなります。ほうれい線を予防、あるいはその程度を進行させないためには、有効なスキンケア商品を利用することも勿論、大切です。

しかしそれ以上に、こうした日常の何気ない癖や行動を見直し、改めることも重要です。ほうれい線は、大きく分けて3つのタイプに分けることができます。



まず、日焼けをすると薄く赤みが出やすいなどのお肌にハリが足りない方がなりやすい頬からくるもの。

次に、顔の中心からのタルミからくる小鼻からくるもの。



筋肉やコラーゲンなどの弾力層の木の低下などの筋肉低下が原因で起こるフェイスラインからくるものがあります。ほうれい線の種類によって、対策は違ってきます。まず、頬からくるほうれい線は、肌にハリが足りないため起こるので、美容液などで栄養分を与えることが対策となります。小鼻からくる場合には、小鼻の毛穴が開いている可能性が高いために、化粧水でのコットンパックで治療できます。



フェイスラインからくるものは、表情筋を鍛えることが対策の一つとなりますが、深い場合には、それだけでは対処できないこともあるので、サロンでのケアも必要です。


ほうれい線というシワが刻まれやすいのは、口を開ける度に折れ曲がるので、肌の弾力性の低下、さらに大きな原因として、肌の奥にある真皮層が、加齢や紫外線の影響により、弾力性を保つ働きをする繊維が衰えることが原因となります。



また、表情筋の衰えなども原因の一つとなります。

ほうれい線の対策として、42度のお湯で顔を洗うと、ヒートショックの効果でコラーゲンが作り出されます。


42度のお湯で3分間洗顔をし、42度のタオルで2分間保温することを、朝晩2回行い、洗顔後には化粧水での保温が大切です。


関連リンク

エクササイズでほうれい線予防

高い美容液やエステでのケア、美容整形などお金をかければ、若々しい肌をキープする事が可能です。ですが、美容の為にお金をつぎ込む事は出来ないという方も、多いのではないでしょうか。...

more

ほうれい線の原因とは

ほうれい線は鼻の両脇から口元の両脇にかけて刻まれる線のことです。この線があると、どうしても年齢以上の見た目印象を与えてしまうため、特に女性にとっては決してありがたいとは言えない存在です。...

more