ほうれい線の原因となる日常の行動

ほうれい線があると、見た目年齢が5歳はプラスされてしまいます。


ほうれい線の原因は、頬のたるみによるものが多く、加齢と共に鼻の横に刻まれるラインが気になり始めます。しかし、加齢だけではなく、日常の何気ない癖が、ほうれい線を加速させている場合があります。

では、どのような行動が原因となっているのでしょうか。
まずあげられるのは、眠るときの体勢です。


横向きになり、枕に頬を押し付けるようにして寝ている人は要注意です。片側の頬に頭の重量がかかり押しつぶされ、しわが出来やすくなるほか、反対側の頬は下側に向かって垂れ下がり、たるみの原因となります。仰向けに寝て、頬の肉がサイドに流れるようにして眠るのがベストです。


そして、頬杖をつくのも、顔に過度の圧力がかかるため、たるみの原因となります。
頬に圧力をかけることは、極力避けましょう。また、食事の際に片側の歯だけを使って噛むのも、バランスが取れず片側だけにほうれい線をくっきりと刻み込んでしまう可能性があります。
噛むときは、両サイドの歯を使って噛むようにしましょう。その他、髪が長いとまとめるためにポニーテールにする人も多いですが、髪を引っ張り頭皮に負担をかけるため、引っ張りを緩めた時に、たるみとなってしまうことがあります。


このように、日常の何気ない行動が、たるみの原因を作り、ほうれい線をくっきりと浮かび上がらせる要因となってしまいます。
毎日の小さな積み重ねで、たるみのない肌をキープしましょう。

女性の顔の悩みで多いのが、ほうれい線です。

確かにほうれい線が顔にあると、顔がぐっと老けて見えてしまいます。
また、メイクでもなかなか隠せないので、非常に厄介です。
このシワができる理由は、加齢による乾燥です。

そもそも肌がきちんと水分で潤っている状態は、ハリがあってシワができにくいです。

ですが、年齢を重ねて肌の水分量が減少すると、ハリを維持できずに肌が下がってしまいます。


そのため、頬に付着する脂肪がたるんで下に落ちることで、ほうれい線ができてしまいます。その他にも、骨格が原因でできることもあります。

特に目鼻立ちがはっきりしている人は、顔の皮膚が激しく動く性質があります。


そのため、顔にシワができやすく、ほうれい線も早くからできやすいです。
顔にできるほうれい線を解消するには、まず顔の乾燥状態を解消することが先決です。そのためには、朝晩のスキンケアで十分に保湿を重視したケアが必要です。

おすすめの化粧品の成分としては、ヒアルロン酸とコラーゲンがあげられます。


これらの成分には、肌の保水力を高めて乾燥を防いでくれる作用があるからです。また、紫外線は肌の乾燥を助長する働きがあります。
なので、日中に外出する際は、こまめな紫外線対策が必須です。


その他の解消方法は、食事中によく噛んで食べることです。というのも、口で物をよく噛むことで、口周りの筋肉を鍛えられるからです。
口の周りの筋肉は、たるんできた頬の脂肪を支える作用があります。

なので、よく物を噛むことで、自然とたるみが解消されます。

お勧めの大阪の永久脱毛情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

本当の肝斑治療なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

知って得する銀座の永久脱毛情報が様々な条件で検索可能です。

シミ治療情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

沖縄の脱毛を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160716/Skincare_6474.html

https://m3q.jp/t/5884

https://m3q.jp/t/2431

関連リンク

エクササイズでほうれい線予防

高い美容液やエステでのケア、美容整形などお金をかければ、若々しい肌をキープする事が可能です。ですが、美容の為にお金をつぎ込む事は出来ないという方も、多いのではないでしょうか。...

more

ほうれい線の原因とは

ほうれい線は鼻の両脇から口元の両脇にかけて刻まれる線のことです。この線があると、どうしても年齢以上の見た目印象を与えてしまうため、特に女性にとっては決してありがたいとは言えない存在です。...

more