永久脱毛に適した脱毛法

永久脱毛に適した脱毛法は大きく分けて3つあります。

まず、最も効果があるとされているのは、ニードル脱毛です。

ニードル脱毛は針を毛穴に一つずつ刺し、そこに電流を流すことで毛根を直接破壊する脱毛法です。



毛根を破壊するため、次生えてくる可能性が低く、永久脱毛に非常に向いています。

その反面、非常に強い痛みを感じることがあるのと、施術後にきちんとしたケアをしなければ、肌が赤くなってしまいます。
そのため、肌が弱い方にはあまりおすすめすることができません。
ニードル脱毛の次におすすめなのはレーザー脱毛です。

これは、黒色に反応するレーザーを照射することで、毛を処理していく脱毛法です。
個人差がありますが、一般的にはゴムを弾いたくらいの痛みがあると言われています。

一度に広範囲の処理をすることができるため、施術時間は全身の脱毛をしても1、2時間程度で終わります。



一回の施術で永久脱毛をすることはできず、数回通っているうちにだんだん薄くなり、7、8回通ったくらいで生えてこなくなります。
最後に、フラッシュ脱毛についてですが、ニードル脱毛、レーザー脱毛と比べて痛みが少ない脱毛法です。

その分、威力があまり高くないため、2、3ヶ月に一度の頻度で10回程度通う必要があります。
そのため、完全に毛が気にならなくなるまでに3年近くかかります。

その代わり肌の弱い方でも比較的安心して脱毛することが可能です。



肌の弱さや永久脱毛までにかかる時間などを考えてどの脱毛法が良いかを決めるのが良いです。


乾燥肌の人は、自己処理で脱毛してしまうと、肌に大きな負担がかかります。



肌が乾燥しているということは、それだけ肌が外部からの刺激に弱いということです。
生えてきた毛をそのままにしてしまうのも気になりますし、女性ならばその人の人間性も疑われます。

乾燥肌で自己処理が難しいという理由があっても、周囲にはそれが理解されないことも多いからです。



最も肌へのダメージが少ないのは、永久脱毛です。

美容皮膚科で永久脱毛をしてもらえば、その後は自分で毛を処理する必要がなくなります。


永久脱毛というと肌の弱い人には良くないというイメージが強いようですが、逆です。

かえって一度やってもらって、その後のダメージをなくした方が肌にはずっと優しいです。

脱毛方法には、レーザー脱毛と光(フラッシュ)脱毛があります。医療機関で行われているのは、主にこの2つです。


レーザーは全てが同じ波長になっているのに対して、光は波長がバラバラです。


レーザーはまっすぐ進むのに対して、光はバラバラの方向に進みます。


レーザーも光も黒いもの(毛)に吸収されて熱を放出します。
その熱によって毛の周りの細胞を破壊して脱毛させます。



レーザーは光に比べるとパワーが強く、即効性があります。レーザー脱毛は医療機関以外では扱っていません。



なぜならば、毛の細胞を破壊するという医療行為だからです。



エステなどでは、光脱毛が行われています。

永久脱毛を受けてその後のダメージをなくせば、乾燥肌にも優しいのです。

関連リンク

エクササイズでほうれい線予防

高い美容液やエステでのケア、美容整形などお金をかければ、若々しい肌をキープする事が可能です。ですが、美容の為にお金をつぎ込む事は出来ないという方も、多いのではないでしょうか。...

more

ほうれい線の原因とは

ほうれい線は鼻の両脇から口元の両脇にかけて刻まれる線のことです。この線があると、どうしても年齢以上の見た目印象を与えてしまうため、特に女性にとっては決してありがたいとは言えない存在です。...

more